派遣社員でも借りれる

即日融資してもらう方法

正しい即日融資を受ける方法

良く目にする最短40分以内で振込完了します!即日融資可能!土日祝日・24時間いつでもOK!!なんていう広告、インターネットをしていると良く目にする文字です。
実際、今すぐ融資を受けたい!と思った時、振り込まれる銀行口座を考えます。
どこかのキャッシング会社から借り入れをしたとしても、銀行が動いていない時間なら審査が通っても入金されませんから意味が無いです。要は、振込が反映されないということです。

自分の使っている銀行と提携しているキャッシング会社・使っている銀行のカードローンを利用する。

上記のような振込時間を気にしていてたら即日融資なんて、いうことができません。
即日融資や24時間OKとしているキャッシング会社は大抵小さい文字や、申し込みボタンを押した時に、〇〇銀行の普通預金口座をお持ちの方はコチラ。お持ちでない方はコチラ。と分けられます。

 

ここで、その指定された銀行の口座をもっていると手続きはスムーズで即日融資可能な場合が多いのですが、持っていないと指定銀行の口座の開設をさせられたりして、結局口座開設には銀行の営業時間が関係してくるので即日融資不可。となる可能性があります。

 

手持ちの銀行口座のカードローンなら、大抵の場合24時間いつでも振込が反映されるので振込時間を気にしないでも大丈夫ですし、消費者金融なら提携金融機関というのがあり、その金融機関なら24時間振込が反映される場合が多いです。

 

なので、まずは手持ちの銀行口座のカードローン、そして提携の消費者金融の順で即日融資がうけられるか見てください。

 

無人契約機を利用する

即日融資がしたいのなら一番手っ取り早いのが無人契約機です。
営業時間も長いですし、その場にあるATMでカード発行後すぐにお金を下ろすことができますから、1箇所で全ての手続が完了します。

 

無人契約機といっても、専門のオペレーターが親切に申込み方法や操作方法を教えてくれますし、書類も無人契約機内にあるFAXでやりとりして記入等をします。持っていくものは源泉徴収票と運転免許証があればほとんどのキャッシング会社で利用ができます。源泉徴収票はなくても申し込みできる場合もあるので、いくまえに確認するとスムーズです。

 

最近のはやりの即日融資

WEB申し込み⇒振込⇒コンビニ引き出し
この方法が人気の即日融資なのですが、この場合は14時ぐらいまでには手続きを完了させて、振込をしてもらわないといけません。
必要書類や運転免許証などの身分証明書は添付ファイルで画像で送ります。なのでパソコンから申し込みシたりする場合は画像をパソコンに取り込んで添付できる技術も必要です。インターネットはできるけど、そういった作業が苦手な場合は確認しておくとスムーズに手続ができます。