消費者金融と銀行カードローンの違い

金利の差はやはり銀行カードローンの方が安く、銀行ならではの金利

銀行
三菱東京UFJ銀行 実質年率4.6%〜14.6%
三井住友銀行 実質年率4.0%〜14.5%
みずほ銀行 実質年率4.0%〜14.0%
イオン銀行 実質年率3.8%〜13.8%
楽天銀行 実質年率4.9%〜14.5%
消費者金融
アコム 実質年率4.7%〜18.0%
プロミス 実質年率4.5%〜17.8%
モビット 実質年率4.8%〜18.0%
アイフル 実質年率4.5%〜18.0%
ダイレクトワン 実質年率4.9%〜20.0%
フクホー 実質年率7.3%〜18.0%

 

やはり銀行のほうが低いのがわかります。金利だけを見て借り入れを希望するのならやはり銀行のほうがオススメです。


審査はやっぱり、消費者金融の方が通りやすい

様々な理由から、銀行のカードローンの審査より、消費者金融のほうが審査が通りやすいと言われています。

 

・銀行のカードローンの審査は年収や他社での借り入れ、信用情報、勤務先や勤務年数などを厳しく確認していて、他社で借り入れがある場合はかなり厳しくなる傾向がある
・消費者金融の審査は他社での借り入れが3社以内で信用情報に大きな問題がなれけば、問題なく借り入れすることができる傾向
・消費者金融は年収や勤務先、勤務年数などの厳しい縛りがあまりない
・銀行のカードローンの場合、銀行の審査と保証会社による審査で二重になってしまい、厳しくなってしまう。
・消費者金融の方が審査している項目が少ない
・消費者金融は保証会社がなく、単独での判断がしやすいので審査も通りやすい

適用される法律が違う(総量規制)

消費者金融は総量規制により、年収の3分の1までしか融資することができません。なので多くの融資を望んでいる方には向いていないです。銀行のカードローンは総量規制対象外となっているので、年収の3分の1以上の融資をすることができます。なので、アルバイトやパート、学生で年収が低くても安定した収入があれば年種以上の借り入れも可能です。

まとめ

 

以上の3つが大きな消費者金融と銀行のカードローンの違いになります。最近はサービス内容などで差を他社とつけたりしていて、銀行も消費者金融もそんなに変わりがないイメージです。銀行であれば安心感があります。消費者金融であれば付属サービス(ポイントサービスやQUOカードなどのプレゼント)が充実しています。様々な観点から自分にあうキャッシング方法を選んでください。