派遣社員でも借りれる

転職直後でも借りることは可能か?

転職直後はお金がかかる

転職直後はお金が必要になることが多々有ります。前職の給料日から新しい職場の給料日がずれてしまったり、転職直後すぐには給料が振り込まれない場合が多く、転職して新しい職場での勤務が決まって、働いてからなのでタイミングが悪いと3〜4ヶ月無収入になる場合があります。
前職の退職金や貯金があれば、一時的におろして生活することも難しくないですが、前職で会社の寮に住んでいたりしたら引越しの費用もかかりますし、寮でなくても新しい職場へ近い場所への引越しもあります。
その他、転職を期に制服支給の仕事からスーツの仕事になればワイシャツや靴なども買い揃える必要がありますし、転職には何かとお金がかかります。

 

そんな時、便利に利用できるのがカードローンです。スーツや日用雑貨、食品などの購入はクレジットカードでも購入できますが、結局引き落としがかかれば現金が必要になってきます。
また、クレジットカードはいくら使ったかがわかりにくい部分があるので、カードローンを利用して必要な現金を借り入れしてその現金の中でやりくりしたほうが、無駄にお金を使わなくていいのでオススメです。

転職直後でも借りられます!

カードローンは転職直後でも借りられます。なので安心してください。

 

電話相談がGOOD

借り入れをしたい金融会社がきまったらフリーダイヤルなどで、電話相談をすると良いです。「転職直後で〇〇円借り入れをしたいのですが、必要書類や手続きの方法を教えて下さい」というのが一番です。

 

電話をかけたりするのが恥ずかしかったり、面倒、時間がない場合は自動契約機などを利用するのがオススメです。多くの自動契約機が年中無休で朝は8時半や9時頃から夜は21時頃までと遅くまで申し込みができます。この場合は申し込み金額が10万円以下などの少額なら収入証明不要で借り入れもできるのですが、借入希望額が多い場合は前職の収入証明を準備して行くと良いです。
自動契約機だとその場でオペレーターと話しながら審査などができるので、転職直後だということを相談しながら申し込みができます。

 

一度にいっぱい借りようとしない

少額から借り入れすると審査も通りやすいです。5万円や10万円、20万円ぐらいまででどうにかなるのであれば転職後半年間ぐらいはそれで何とかやり過ごして、収入が安定し、勤務年数も半年を過ぎたら再度増額などの手続きをすると良いです。

 

銀行カードローンは避ける

審査の厳しい銀行カードローンは避けて、比較的審査が緩い消費者金融系を申し込むと良いです。また、初めての方なら無利息期間があるプロミスなどはお得に借り入れができるのでお勧めできます。急いでいる場合はアコムなどの審査が早い会社を選んで申し込みしてみてください。

 

嘘はつかない

なにげに多いのが嘘をついてしまう方。前職の職場にまだ在籍していることにして退職日をずらしてしまう場合や新しい職場の勤務年数を3ヶ月なのに3年などと申請してしまう方がいます。その場で審査が通ればまだ良いのでしょうが、前の職場に在籍確認の電話がされてしまったり、勤務年数を嘘ついてしまうと今後、他のローンの審査などに影響します。

まとめ

 

転職直後でも借り入れすることは可能です。でも、転職を決めてまだ在籍しているのであれば先にカードローンを作ってしまうのも方法です。(ずるい方法ですが)カードローンを作るのに、今後転職の予定はありますか?などの質問はよほどの人でない限りきかれないですし、余計なことはこちらから言わなければカードローンの使い道は基本的に事業性資金出ない限り自由とされているので、転職の費用為としてカードローンを作っても問題無いです。使い道を万が一聞かれたとしても、生活費の為で十分です。

 

それよりも大切なのは借り入れしたお金をちゃんと返すかどうかが問題です。退職寸前にカードローンの申し込みをして借入金を延滞し破産などしたら自己登録されますし、信用情報に登録され次に住宅ローンやマイカーローンなどを組もうとした時に審査が通りくくなってしまいますから、将来的に大変になります。

 

「そろそろ転職しようかな〜」なんて考えた時に、1枚作っておくと便利かもしれません。